ジブリアニメのレイアウトを、新潟市のプチクリエイターが凝視!

  1. Home
  2. ジブリアニメのレイアウトを、新潟市のプチクリエイターが凝視!

2016-10-10 21:00:53

カテゴリー:雑記・主張など

1010a

アニメーション制作の現場を知りたい!

 

 

 

 
ということで、
スタジオジブリ・レイアウト展へ行ってきました。

 

 

 

 

ちなみにレイアウトとは
「画面構成」のことだそうです。

1010c

1010d2

 

 

背景やキャラクターの他にも、
カメラの動きの指示などが書き込まれていました。

 

 

 

 

 

有名なナウシカ、ラピュタ、… 風立ちぬ、まで
(おそらく)すべての作品の
貴重な原画が多数並んでます。

 

 

 

 

 

画面いっぱいに活き活き描かれたキャラクターや、
定規が使われていたり、何か爪あとのような線が刻まれた、正確なパースの背景
などなど、
映像の中ではわからない
製作側の苦心が伝わってきます

 

 

 

 

 

混雑の中でしたが、思わず凝視!

 

 

 

 

 

もし
自分が描くとしたらどれくらいかかるだろうか?

 

 

 

 

 

設定を考えたりして、
1枚につき、
早くても2~3日、
大変なモノなら1週間、いやそれ以上はかかるだろうか??

 

 

 

 

 

やっぱり宮崎監督やジブリってすげぇな~と
改めて感心し、
クリエイターの端くれとして刺激を受けてまいりました…

1010e

1010f

1010b

 

 

個人的には、『名探偵ホームズ』が懐かしくて泣けたッ!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント