ヒマなので、新潟市の公民館ロゴ制作に挑戦してみた!

2017-01-12 21:00:17

カテゴリー:未分類

『ボツ!!』

 

 

 

 

 

ということで、
新潟市の公民館ロゴマーク制作に挑戦していましたが、
断念しました

 

 

 

 

 

以下、
ほぼ自分用の
思考プロセスと、反省点です…

(不要な人はどうぞ読み飛ばしてください)

 

 

 

0112ロゴ制作

 

 

 

 

 

●プロセス

 

 

・私の場合のロゴ制作プロセスは10ステップを予定していましたが。
今回は4、5あたりで断念しました…

 
1、受注
2、ヒアリング
3、内容の分析
4、ラフ
5、制作

 

 

 

 

 

1、受注

 
公募の形なので、自由。

 

 

 

 

 

2、ヒアリング

 
すでにコンセプト(クライアントの要望)が提示されていた。

以下、まとめ。

 

 

『新潟市には8区に全部で44の公民館アリ。

 つどい、まなび、つながる場にしたい。

 認知度、イメージの向上したい。』

 

 

 

 
3、ヒアリング内容の分析

 
・分析

 

 
『まなび』、『つながる』となるとハードルが高いので、
もっとハードルを下げたほうがいいのではないだろうか?
と考えて、

 

 
「会う、話す、笑う」などがキーワードとして出てきた…

これはコンセプトである
「さらにたくさんの人に利用してもらうため」という目標と合致するのではないか?

 

 

かくいう自分も、
公共施設を単に知人と雑談する場、として利用しています。

 

 

なので、
この線で考えることに!

 

 

 

・2×2マトリクス(ポジショニングマップ)方式を用いて、方向性を定める

 

 
 1、クールで独創的なあるもの
 2、親しみがあって普遍的なもの
 3、親しみがあって独創的なもの

 
3つまで応募可能とのことで3つ考えた。

 

 

 

 

 

4、ラフスケッチ、制作

 

 

応募開始から締め切りまで、

 

 

机に向かったり、
カフェなどで、
スケッチブックにアイデアを描いていきます。

(おススメカフェがあったら教えてください!)

 

 

 
5、制作

 

 

アイデアをもとに、
illustratorで制作に入ります

が、
今回はここで見切って断念しました…

 

 

 
●反省点

 

 

ロゴ制作に関する、
知識やスキル、アートディレクション的な発想力など、
力不足からです
 

 

 

 

 

 

結論、

 

 

日々スキルアップしつつ、
納得できない場合は無理しないで、
これやりたいな!という気持ちがスムーズに価値につながれば、幸いに思います。

 

 

自分用の覚え書きみたいになりましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント