【ロゴ】制作の注意点・後編

2015-07-07 21:09:48

カテゴリー:デザイン

間が空きましたが
いろいろメンテナンスしてました・・・

 

 

 

ということで、
ロゴづくりの流れを把握するための覚書とアウトプット、
ロゴ制作時の注意点・後編です

 

 

ロゴが使われる場所、
ロゴの見やすさ、
ロゴの印象などを注意します。

 

 

 

●フォントの「印象」

 

 

フォーマルさを出したい
→ 

セリフ体(文字のストロークの端に小さな飾りのある書体)や、
スクリプト体(筆記体のような、流れるような書体)
を使います

 

 

0707ロゴ要諦6a

例)1

 

 

A

フォーマル、公式的な印象
セリフ体など、堅実な印象のフォントを使う

 

 

B

筆記体ですが、複雑な形のフォントなために、一見では分かりにくい

 

 

 

0707ロゴ要諦6b

例)2

 

A 

明朝体を使う。

格式ばった印象になります。

 

 

B

ポップ体など、を使う。

カジュアル、ポップな印象になります。

 

 

 

●「汎用性」を考える

 

 

企業ロゴは、色々な場所で使われます。
広告ロゴは、一か所限定で使われることもあります。

 

使われる場所に合わせて、汎用性を考えます。
おおまかにいえば、シンプルなものほど、汎用性が高くなります。

 

 

 

0707ロゴ要諦6c

 

0707ロゴ要諦6d

 

例)
名刺
ブログ
看板

 

 

ということで、
ロゴ制作時の注意点は

 

 

大きさ、
色、
フォントの太さ、
フォントの印象、
フォント汎用性
・・・を意識していきます

 
↓記事があなたのお役に立てましたらクリックをお願いします↓

あなたの応援が励みとなります^^

このエントリーをはてなブックマークに追加