【重い色、軽い色】

2015-04-16 21:48:17

カテゴリー:デザイン

0416

 

色彩豆知識シリーズです…

 

 

実は
人は色によって、
重さを感じる感覚が変化します

 

 

これは色の【明度】、
色の明るさ、暗さ
によって生じる感覚です

 

 

結論は以下の通り。

 

 

・暗い色 ⇒ 重い感じ
・明るい色 ⇒ 軽い感じ
です。

 

 

ある実験によると・・・

 

 

まず黒い箱100gがあります。

 

 

つづいて重さの分からない、
白い箱がいくつかあります。

 

 

ある人が、
黒い箱と同じくらいの重さになるまで、
白い箱を次々と持ち上げていき、
重さを計測したところ、

 

まさかの、
「187g」だった、そうです
・・・

 

 

およそ、倍です
すごくないですか?

 

 

この明度による重さの感覚を応用した実例は

 

 

・引っ越し業者の段ボールが、
以前は茶色だったものが、
白が多くなった!

 

 

暗い色の段ボールを毎日運んでいたら
とてつもなく疲れるから、明るい色に変えた!

 

 

・お弁当の箱は、黒が多いです。
なぜか?
黒は重く感じる
→お弁当の内容が充実している、高価、に感じるから!

 

 

などなど。

 

 

ということで、
ビジネスや仕事の現場では、色彩が戦略的に使われていた!
という豆知識です…

 
↓記事があなたのお役に立てましたらクリックをお願いします↓

あなたの応援が励みとなります^^

このエントリーをはてなブックマークに追加